油断するとトイレの後に水が流れません

普段何気なく使っているトイレですが、寒い地域に住んでいると朝起きてトイレに行き流そうとすると水が流れない事が時々あります。原因は凍結です。寒い地域では夜間気温が下がると翌朝凍結の為水が出ない事があります。特にトイレは比較的外部に近い位置にあり、普段から暖房器具などを使用しているスペースではないので、室温が下がっている傾向にあります。そのため、凍結してしまうという事が起きてしまいます。水道管や器具、パッキンなどが比較的新しい場合であれば、気温の上昇とともに凍結が解消して普段通りに使用できるようになります。ですが水道管が古かったり、トイレそのものが設置してから何年もたったものだったりすると、最悪の場合は解凍したときには水が噴き出してしまうなんてこともあります。凍結により管部分が膨張して亀裂がはいってしまい、その部分の氷が解けたと同時に水が噴き出してしまうなどという事も起こりえます。そのような事態を回避するためには気温が下がりそうな場合に事前に止水栓を止めてあらかじめ水抜きをしておいたり、少量ずつ水を出し続けるなどしなければなりません。寒い季節に凍結により水漏れが発生すると、夏場の故障よりはるかに対処するのが大変です。また、凍結するような気温が低い日は他の家庭でも同じように気温が低いわけなので、あちこちで凍結による漏水が発生するなどという事態も想定されます。水漏れで業者に頼んでも混んでいて来れない事も起こります。今年の寒さもまさにそれで、我が家も油断して凍結させてしまい、古かった接続部分から漏水してしまったのですが、業者に頼んでも混んでいるのでしばらく行けないと断られてしまいました。そのためしばらくはトイレの水を止めてそばにバケツを置き使用後にそれで流すという対応を余儀なくされました。そんな事態にならないためにも事前に油断せず凍結防止策をしておかないとと改めて感じました。

先日の寒波の影響で水が出なくなりました。

2月上旬。関東にも雪が降ると予報され、実際に雪がふった後のことです。
朝目覚めていつものように料理をしようとキッチンにたって、水を出したら水が出ない。
夢かと思いました。
目をこすって、再度、水をひねってみたのですが、やっぱり水が出てこない。
洗面所、トイレ、それからお風呂場でも水が出てこないのですが、目覚めたばかりなので、それが「凍結」という現象であることに気が付くのが遅かったです。

主人が起きてきて、水が出ないと伝えるとお風呂の水をくみ上げてきて、熱湯しない程度に温めてくれました。
何をしているのか横で見ていると、鍋をかかえて外に出て、水道管に垂らし始めたのです。
主人の行動が全く理解できないままでいたら、しばらくすると蛇口から水が出てくるようになりました。

主人が家に戻ってきて、水でた?というので、何でこんな状況になったの?と聞くと、
こういうときは水道管を熱すぎない温度の湯をかけるとで解消されることがあるとのこと。
雪国の地域で育った主人ならではの対処法で、関東育ちの私はこの現象こそが「凍結」だったということを後になってわかりました。

業者に頼むと数万円はかかるというので、自己解決できて良かったです。